価格相場

マカとイソフラボンの関係性

マカに含まれるアミノ酸には、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た性質があるため、エストロゲンの不足をマカで補う事ができます。
マカは男性にメリットが多いというイメージですが、実は女性にもメリットは多いのです。
その中の一つが、エストロゲンのサポート効果です。

毎月の生理、ストレス、更年期障害などエストロゲンの分泌が低下してしまうと、体調不良や精神的な影響を強く受けるため、些細な事でもイライラしてしまいます。
生理の場合は数日間で少しずつ正常に戻って行き、体調も精神も落ち着きを取り戻せますが、常にストレスを受けている人や、更年期障害の場合はそう簡単に改善できません。

原因がエストロゲンの減少とわかっているので、ホルモン剤でエストロゲン不足を補う事もできますが、ホルモン剤の場合は副作用のリスクが高くなるため、誰にでも使える方法ではありません。
副作用のリスクもほとんどなく、体に負担をかけずにサポートできるのがマカです。
マカに含まれるアミノ酸がエストロゲンとよく似た働きをするので、乱れがちなホルモンバランスを整える効果が期待できます。

大豆に含まれるイソフラボンも、形は異なりますが、エストロゲンによく似た性質を持つことから、ホルモンバランスを整える時に良いと言われています。
では両方を同時に摂取したらどうなるか、これについては分量などもありますが、バランスを考えて配合しているサプリメントから取り入れるのは、相乗効果が発揮されるのでとても良い方法だと考えられます。

ただし大豆イソフラボンは、大豆製品にも多く含まれているので、過剰摂取になるとホルモンバランスを崩してしまう可能性があります。

マカは多少多めに摂取しても大丈夫だと言われていますが、大豆イソフラボンと同時に摂取する場合は、サプリメントのパケージに書いてある1日あたりの容量を超えないように注意してください。
それさえ注意していれば、同時摂取もおすすめです。