価格相場

輸入品のマカを摂取する

日本で作られているサプリメントも、原料となるマカ原末やマカエキスは輸入した物を使いますから、ある意味では輸入品です。
しかし加工は日本で行いますから、安全性や日本人に合わせた配合などが可能です。
ただし輸入にコストがかかるため、質が良いサプリは価格が高めです。

ペルーではマカを生のまま食べる習慣もあるので、取り入れ方も日本よりは豊富です。
もちろんサプリメントとしても加工し販売していますので、ペルーで作ったサプリメントを輸入する事もできます。
ただし外国産のサプリメントを輸入する時にはいくつか注意したい点があります。

現地で購入するよりも若干価格は高くなりますが、それでも高品質で含有量の高いマカサプリを日本よりは格安価格で購入できます。
個人輸入も可能ですが、全て自分で行おうとすると手続きがかなり面倒になるため、個人輸入を代行している業者に依頼するのが便利です。
少し手数料がかかりますが、それでも高品質のマカサプリをお手頃価格で購入できます。

価格に関しては申し分ないのですが、ここで注意したいのが日本人との違いです。
生活環境も違えば、体格も違います。
日本人は外国の人に比べると体が小さい傾向があるので、外国人向けに作られたサプリメントは日本人にはトゥーマッチになる事があります。

また薬事法も異なるため、日本では承認されていない成分を使用している事もあります。
いい方に作用すればいいのですが、今までに摂取した事のない成分も含まれる可能性がありますし、日本では薬として使用する成分が含まれていれば、薬の副作用も心配です。

純度が高く高品質であれば、多少過剰摂取になっても問題はないと言われていますが、マカ以外の成分や含有量はきちんと確認してから購入してください。
飲んでから副作用や何らかのトラブルがあっても、個人輸入は全て自己責任となりますので、保証などもありません。
メリットもありますがデメリットも存在する事は覚えておきましょう。